FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年4月18日楢葉給餌=餌を求めて

餌を求めて彷徨う猫たちです。
ここは津波の被害が大きかった場所で、多くの家が姿が見えなくなっていますが、ぽつんぽつんと何軒かが壊れた状態で残っています。
そうした家のどこかに潜んで生き、ボランティアのはこぶ餌のある場所にこうして移動しているのでしょう。
でもこの日はどこも餌は空っぽでした。
私がまわった後でならたくさんのフードがおいてあるのですが、この子たちはそれを見つけることができたかどうか・・・・・・私が風邪をひいてしまい自分の体力の限界を覚え二週間に一回の給餌行きにすることを決めたのでしたが・・・・・こうして彷徨う猫たちに合い、やはりせめて週に一度は行ってやらないと・・・とまた迷いがはじまる。

なぜこう苦しまなければならないのか・・・あらためて政府や自治体が恨めしい。どうぶつへの保護と給餌のシステムを作ってくれさえすれば、ボランティアが全てを背負込みこう苦しむことはないのに。誰より猫たちどうぶつこそがこうも苦しむことはなかったのに・・・。

糞の写真は、いかにもたった今しがた猫の誰かが糞をしたんだと思うほやほやの糞です。
こうした糞を見るたびに、「ぼくを見つけて、見つけて」と言ってるように感じます。
どんなに寂しかろう。ひもじかろう。こればかりを思う。

naraha4_18_nekomike_2013_0418_104228-DSC07046.jpg
naraha4_18_nekokuro_2013_0418_144813-DSC07051.jpg
naraha4_18_hun_2013_0418_132938-DSC07047.jpg


この写真の猫のほかに、あるお宅の納屋で、ベージュ色のペルシャ風の長毛の猫にも合いました。
合ったといっても、空っぽだった餌箱にフードを入れて、もう二袋ほど入れておこうと車にフードを取りに行き、戻ったらもう餌箱に顔をつっこんでいて、私が戻ってきたのでびっくりして逃げてしまったのでした。ですから一瞬垣間見た、というところでしょうか。
逃げていく後ろ姿は長い毛がもつれだまになり、むき出しになった胴体は痩せているのが見てとれました。

だるたにあんさんのお話では、ここのお宅には二匹の猫が飼われていて、飼い主さんはその猫の情報を求めていらっしゃるようですが、飼える状況ではないらしいのです。


↓は今日の車です。
箱入れフードと袋入れフードを車に積んでいるのは、空き袋をここにぎゅうぎゅう詰めこんで持ち帰るためです。
naraha4_18_nimotu_2013_0418_095240-DSC07044.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なぜぼくらはおいていかれたの

Author:なぜぼくらはおいていかれたの
管理人の小泉眞理子です。
茨城県取手市に犬2匹と猫1匹と人間4人で暮らしています。
当法人を紹介します。
事務局 〒300-3541 茨城県結城郡八千代町新地678-14 
電話・FAX 0296-48-3430 
      090-6937-9722  
代表理事 マオアキラ
     (佐々木和恵)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。