FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このたび発行しました絵本に関しましてのご報告あれこれ

最近、今回発行した絵本に関しまして、『絵本発行にどのくらい費用がかかるのか、明細を載せてほしい』というご要望がありました。
支払いや販売が一応の一段落をした後に、明細を含めて必要なご報告はするつもりでいたのですが、ご要望があったことをいい折として、これまでご支援して下さいました皆様に、経緯等も含め、ご報告を申し上げておこうと思います。

◆絵本を発行することにした考え
これは、どうぶつたちに対しての警戒区域の決め方、施策は、どうぶつに関心がある者たちだけの問題ではなく、社会そのものの問題であることを、自分自身(マオ)が警戒区域に入って給餌をしている段階に感じ、誰かが社会に知らせるべきだと考えるようになった、ということです。
それには、警戒区域に入り、さまざまな事態や問題に直面した方の、体験を通しての思考や感情を、こどもにも伝わるように、絵本の形で作り、社会に出したい、と考えました。

◆発行の方法
私の家には猫が毎日のように捨てにこられてさまざまな問題が発生し、家族ともども大変苦しんだ時期がありました。(今も苦しみは続いていますが)その頃、ある出版社がその経緯を書いた小説を本にして下さいました。
今回、警戒区域を舞台に政府や行政にNOという意識を公にしていく内容ですから、もし絵本にして下さるなら、ここしかない、と思い依頼を致しました。
それで発行に持っていくことが出来ました。

◆絵本作成にかかる金額と明細
オールカラー、絵が13枚、表紙、帯付き、1200円の絵本で、1000部発行し、会で1部約1000円で500部を買い取る、ということにしました。
最近届きました請求書は、500部470000円となっています。
制作費(挿絵代金そのほか必要な謝礼、雑費など)340000円です。

以上が絵本作成に関する明細です。
ここに会の者が飲食代金などして私的に使ったものはありません。むしろ雑費等自費で支払っていることが多いです。

◆会が引き取った500部の絵本の販売
ネットを通して販売する/書店に置く/友人・知人に販売を委託する/イベントに置かせていただくなど、考えつく限りの方法で販売をしていきます。

◆これまでフードや活動費を支援して下さいました皆さまに、一冊づつ贈呈する
この件で、「贈呈は募金を私物化している」というご意見がありました。
私は実はそのように思っておりませんでした。ご支援があってこその給餌が出来、また法人になってからの出版活動も、ご支援で成り立つものですから、最初にできた絵本を贈呈し、会からのこれまでのお礼の気持ち、そしてこうして一歩を踏み出したことを、ともに喜こび合いたい、と単純に思ったのでした。
それで、「私物化だ!」というご意見に対し、正直、しばらくは、「この人、どうしたんだ?」と不思議に思いました。

でも、昨夜眠らずにつくづく考えてみますと、「支援者の皆さまに感謝する気持ちは真実のものだけど、だからといって、会から差し上げては、売って活動費にするべき支援金を、私用に使う、ということになるんだな、ということは募金を私物化する、と言われても仕方がないんだな」と気付きました。
(※ご意見を書いて下さった方、すぐにわからずすみませんでした。気付かせて下さり、ありがとうございます)

それでも会からご支援して下さった方には贈呈したいんです。
そこで、私がその分は個人で買い取ろうと思います。でも今はまったくその余裕がありませんので、分割払いになりますが、必ずお支払いはきちんとします。100部を一冊1000円で買い取ります。

◆それ以外の贈呈先
マスコミをはじめ、公的に贈呈すべき先があります。冊数としては10部ぐらいになりそうです。


◆絵本が売れた代金はどう使うか
支払いが終わってないかたへの支払いに遣います。
もし、販売代金が残りましたら、次の絵本出版に使います。
その時は、出版そのものの仕方を学び、利益が出るような方法で作り販売し、また次の活動に繋げます。そして、基金の返済に向けても準備をしていくつもりです。
従いまして、今後は、全てを、次の活動に繋げることに集中していくつもりです。

そのために、会のあり方も考えたいですし(例えばメンバー募集など)、より皆様にご協力をお願いすることが多くなると思いますが、どうかさまざまにご協力をお願い致します。

これをもちまして、今回のご報告とさせていただきます。

++++++++++++++++++++++

こうやって三歩進んで二歩下がる、いえ、一歩進んで三歩下がるかもしれません、おぼつかない歩みですが、
『どうぶつたちがおかれる現状を、これは社会の問題なのですよ、という意志をもって、活動していく必要性を、強く感じており、それにそって前向きに活動して参ります。

そして、会の活動は、皆さまからのご寄付、ご支援、ご協力によって成り立ちます。
どうか、私たちの意志、意識、意味を御理解下さり、ご支援、ご協力を心からお願い致します。』


++++++++++++++++++++++

◎フード・活動費をご支援下さいました皆さま
まだ贈呈の絵本はお送りしていない方がいらっしゃいます。絵本を申し込んで下さった方には、ご希望の冊数だけをお送りして、贈呈分が未送です。いずれお送りしますね。遅くなるかもしれませんがすみません。
郵便物が戻ってきた方、お店気付けの住所からフードが届きました方にもお送りしていません。お店から届けていただけるのかわからないからです。
「フード、活動費を送ったのに、何も届かない」方、どうかメールかハガキでご一報下さいませ。待っています! よくフードをお送り下さるO県のM・K子さま、二度郵便物をお送りしましたが、二度とも戻ってきましたので、絵本のお名前入れも出来ず、絵本もお贈りできていません。よかったらご連絡下さいませ。
無記名でフードを送って下さる方、銀行へ送金して下さる方、ご迷惑でありませんでしたら、お名前とご住所をお知らせくださいませ。(ブログなどの公開の場では書かないで下さいませ♪)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なぜぼくらはおいていかれたの

Author:なぜぼくらはおいていかれたの
管理人の小泉眞理子です。
茨城県取手市に犬2匹と猫1匹と人間4人で暮らしています。
当法人を紹介します。
事務局 〒300-3541 茨城県結城郡八千代町新地678-14 
電話・FAX 0296-48-3430 
      090-6937-9722  
代表理事 マオアキラ
     (佐々木和恵)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。