FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計報告

【理事 小泉眞理子よりご報告】
いつもお世話になっております。今日は今までの会計報告をさせて頂きます。
先日マオがご報告した3の口座と4の口座についてのご報告です。

3の口座
【ゆうちょ銀行  記号:10690  番号:6851841  名称:一般社団法人なぜぼくらはおいていかれたの】

この口座は、出版、紙芝居、公演などの活動の専用口座です。表現活動を通してどうぶつに関係する考えや思いを発信する活動に賛同下さる方、どうかご支援をよろしくお願い致します。

収入の部
3月 6日  口座開設        1,000円
3月13日  フジタさま      10,000円
3月21日  ぶたまるさん3冊分   3,600円
3月21日  ヒロタさま       5,000円
3月21日  ナカザトさま      1,200円
2月22日  キモトさま       2,000円
3月23日  モリタさま       3,600円
3月25日  オオサワさま     12,000円
3月26日  ぶたまるさん5冊分   6,000円
3月26日  ヤザワさま      14,400円
3月27日  オオタさま       2,400円
3月27日  ジュピターさま     1,200円
3月27日  サカモトさま     30,000円
3月27日  ミツイさま       3,600円
3月27日  コジマさま       3,600円
3月29日  基金口座より    240,000円
3月30日  シロタさま       1,200円
4月 1日  サトウさま       1,200円
4月 2日  タケシタさま     24,000円
4月 2日  ババさま        4,000円
4月 3日  基金口座より    190,000円
4月 3日  基金口座より    200,000円
4月 4日  ナカオさま       2,400円
4月16日  ぶたまるさん3冊分   3,600円
4月16日  イシダさま       2,000円
4月18日  ニンダさま       2,400円
註:「ぶたまるさん」と記入してありますのは「絵本」のことです。

支出の部
3月29日  1の口座へ     240,000円
4月 3日  1の口座へ     500,000円
  上記の支出は出版社および画家の方への支払のためです。

差引現在高
                  30,400円


4の口座
この口座は基金のための口座です。
1月4日に開設し、4月3日に目標額を達成した(86万円)ため、現在は募集を中止しています。

ご協力いただいた皆さま本当に有難うございました。
温かいご支援によりまして、私どもの活動が続けられることを深く感謝いたしております。
      



スポンサーサイト

フードお願い記事へのリツイートに感謝 & 5月1日給餌へのフードお願い再

フードのお願い記事に、ツイッターでリツイートで応援して下さいました。そのことへのお礼のコメントと、再度5月1日に行く給餌用フードのお願いです。


★リツイートへの感謝のコメント(マオ アキラ‏@nn_kawagisi)
リツイートを感謝します。大変助かります。置き去りにされたどうぶつたちの悲惨さが少しづつ忘れられていっているのを実感するにつけ、今も生き抜いているどうぶつの寂しげな眼差しが胸に痛いです。せめてごはんを!その一念で通っています。応援本当にありがとうございます

★マオ アキラ‏@nn_kawagisi
リツイートの応援本当にありがとうございます。私が行く月に何回かの給餌は、小さな力でしかありませんが、福島で飼い主さんも仲間もいない中、必死で生きる猫たちの命の糧になっていることを信じています。 執念のように続る行動の底には災害時にはどうぶつも救う制度をという願いが


★図々しくて恐縮ですが、フードお願い再
5月1日に楢葉に給餌に参ります。だるたにあんともども、これまで以上に給餌の地域を広げてがんばろうと決意しています。なんとか100袋ははこびたいと思っています。どうかご支援をよろしくお願い致します。

【給餌にかかりますフード/交通費/事務局維持等へのご寄付は】
ゆうちょ銀行
記号 10680
番号 2048071
名前 シャ)ナゼボクラハオイテイカレタノ

他金融機関から振り込まれます場合
【店名】〇六八(読み ゼロロクハチ)
【店番】068
【預金種目】普通預金
【口座番号】0204807


【キャットフードをお送り下さいます場合は】
◎2k~3k入りの袋が使いやすいです◎以前は小袋入りを希望していたのですが、地域によって事情がかわり、現在は小袋入りが使いにくくなってしまいました。

〒300-3541 茨城県結城郡八千代町新地678-14
社)なぜぼくらはおいていかれたの 行き

ほしい物リストのページからご注文いただきますと、上記住所に届きます。
https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2T9436ZULCDH/ref=cm_wl_edit_cancel


代表理事 給餌担当 マオアキラ(佐々木和恵)

口座のご説明と2013年3月1日から3月31日までの収支報告です。

収支のご報告の前に、法人取得以後、口座が四本になっておりますので、そのお知らせをしておこうと思います。

1の口座
給餌関係(フード・交通費・ガソリン代金)と事務局関係(家賃・事務所の光熱費・文房具など)のための専用口座です。給餌関連のご支援をいただきます場合、この口座にお願い致します。
【ゆうちょ銀行 記号:10680  番号:2048071  名称:なぜぼくらはおいていかれたの】
他金融機関から振り込まれます場合
【店名:〇六八(読み ゼロロクハチ) 店番:068  預金種目:普通預金  口座番号:0204807】

2の口座
出版した絵本や公演を行う際のチケット代金などを郵便局から振り込んでいただく振替口座を作りました。赤い色の用紙と青い色の用紙があります。
【00190-7-263827】(この口座は通帳はありません)

3の口座
出版、紙芝居、公演などの活動の専用口座も作りました。表現活動を通してどうぶつに関係する考えや思いを発信する活動に賛同下さる方、どうかご支援をよろしくお願い致します。
フリーペーパーのような形で、給餌・保護活動をされる方や日頃行政に関わってどうぶつを救っておられる方たちの、率直な意見や思いを発信していったり、紙芝居を持ってこどものいるところに回るなど、意欲はいろいろ持っております。どうぞご協力をお願い申し上げます。
【ゆうちょ銀行  記号:10690  番号:6851841  名称:なぜぼくらはおいていかれたの】

4の口座
これは後ほど記載致します。すみません。

以上の通りです。
用途によって専用通帳があったほうが、ご報告もしやすく、間違いがないのではないかとこのようにしました。1と2を代表の私マオアキラ(佐々木和恵)が預かり、3と4を理事の小泉眞理子が担当しております。

今日は、1のご報告をします。

+++++++++++++++++++++

今回は絵本の代金としてお支払い下さった方もいらっしゃいます。ただその確認ができておりませんので、いつものように、ご送金いただきました分は、収入として記載させていただきます。
それから、絵本が出ましたことで、その活動への応援のお気持ちでお送り下さったのではないだろうか、と思えますはじめての方もいらっしゃいます。

私たちのおぼつかない活動をずうっと応援して下さる方、記事などからこうして惜しみなく大きな応援をして下さる方、ただただ感謝でいっぱいです。本当にありがとうございます。せいいっぱい頑張りたい、そうやって少しづつでもどうぶつ問題に対する国や人々の認識や行政の在り方が良い方向に進んでいくことを望んでおります。

どうぶつ、特に身近な犬、猫の問題は、地道に長く、方向を誤らず、コツコツとやっていくしかないと思っております。どうぶつたちは私たちに言葉で指針を出してくれませんから、なおのこと細心の思慮をもってやっていかなくては、いつの間にか道を間違うということを心して続けて参ります。
どうか皆さま、ご指導とご協力ご支援をよろしくお願い致します。

前置きが長くていつもすみません!


【2013年3月1日から31日の収支のご報告】

◆2月末の繰越金 425,958円

収入(ご送金いただきました金額)
・3月04日  ルチSTKさま   3,000円
・3月05日  ワタナベさま   5,000円
・3月13日  イナガキさま   40,000円
・3月15日  ヤハギさま    100,000円
・3月15日  シマダさま    10,000円
・3月25日  カドオカさま    2,000円
・3月25日  ホンマさま     7,000円
・3月26日  エグチさま    3,000円
・3月26日  キクタさま    2,400円
・3月28日  フェアリーさま  7,300円
・3月28日  Sムラさま     2,000円
・3月29日  社)なぜぼくらはおいていかれたの  240,000円

現金でお送りいただきました金額
    トクメイ希望さま   10,000円
               5,000円
     ヒロタさま     5,000円
     クマダさま     1,200円
    イノウエさま     3,000円

合計  445,900円

繰越金を加えた総計  871,858円

※社)なぜぼくらはおいていかれたのからの240,000円について
この後、大きな支払いが待っていまして別口座から移したものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

支出

・ご協力して下さった方への謝礼   100,000円
・絵本等の送料           19,003円
・振替口座に印字代含めた入金     1,700円
・高速料金等(他団体に同行時に現金払い)5,200円
・東京にてミーティング 交通費・駐車等(複)4,700円
・クレジット決済(福島行きガソリン、ETC、フード購入分)  75,046円
・事務所ガス料金           1,260円
・コンビニにてチラシコピー      3,020円

合計  209,929円

繰越含んだ収入871858円-支出209,929円=661,929円

4月に繰越   661,929円


++++++++++++++++++++++++

以上今回の収支のご報告です。
繰越金から見ますとゆとりがあるように見えますが、4月は大きな支払いなどもありまして、決してゆとりがあるわけではないのです。絵本の代金はまるまる活動資金にしたいのですが、支払いにまわさなくてはありませので、かなりの赤字を抱えているのが現状なのです。

給餌関係のご支援、それから出版等の活動資金のご支援を、どうかよろしくお願い致します。
私たちのやろうとしていることにどうぞご理解をお願い致します。
  
                            代表理事 マオアキラ(佐々木和恵)

            

だるたにあんさんの給餌報告 2013年4月18日の楢葉

18日の楢葉です。
内装屋さんからスタート、ここはポイントが絞れない場所で見覚えのあるところ二ヶ所に直撒き、一ヶ所は洗面器があるので給水

国道に出て思い付いてダムの方へ
途中側溝に落ちていた給餌器を拾い上げフード入れて元の位置へ戻し工場では寒冷紗の中にフード
除せん作業中だったけど気持ち良く挨拶が返ってきます。
ダムへの道にあった給餌器は撤去
近くにいた誘導作業の方に聞いたら事務所に聞いて、と言われ事務所になっている集会所へ行って聞いてみたけど結局誰がどうして撤去したか分からず。

少し離れた先の給餌器は空っぽ、たどり着いてね、とその道筋にマタタビをポツポツ置いて(投げて?)きました。

精米所にフード、川沿いのアパート、富岡近くから集会所、そして許可あるお宅二軒~樹海、戻って林の中二ヶ所、その先のNさんは帰宅中、今日から水が出るようになったの、と嬉しそう。
フードも持参したのを入れるからいいよ、と。
このお宅は給餌器が二つあって破損しているほうは処分していいか、と言われたのでおまかせしました。
海際の公園二ヶ所覗いて花が咲き乱れているお宅を覗いてそれぞれフードと水入れて津波被害のお宅へ

この日はにゃんこは走り去るキジトラ一匹のみ
見かけるとつい、その子が食べられるようにフードを置いてしまいます。
少しですけどどうぞ!

以上報告です。

2013年4月18日楢葉給餌=餌を求めて

餌を求めて彷徨う猫たちです。
ここは津波の被害が大きかった場所で、多くの家が姿が見えなくなっていますが、ぽつんぽつんと何軒かが壊れた状態で残っています。
そうした家のどこかに潜んで生き、ボランティアのはこぶ餌のある場所にこうして移動しているのでしょう。
でもこの日はどこも餌は空っぽでした。
私がまわった後でならたくさんのフードがおいてあるのですが、この子たちはそれを見つけることができたかどうか・・・・・・私が風邪をひいてしまい自分の体力の限界を覚え二週間に一回の給餌行きにすることを決めたのでしたが・・・・・こうして彷徨う猫たちに合い、やはりせめて週に一度は行ってやらないと・・・とまた迷いがはじまる。

なぜこう苦しまなければならないのか・・・あらためて政府や自治体が恨めしい。どうぶつへの保護と給餌のシステムを作ってくれさえすれば、ボランティアが全てを背負込みこう苦しむことはないのに。誰より猫たちどうぶつこそがこうも苦しむことはなかったのに・・・。

糞の写真は、いかにもたった今しがた猫の誰かが糞をしたんだと思うほやほやの糞です。
こうした糞を見るたびに、「ぼくを見つけて、見つけて」と言ってるように感じます。
どんなに寂しかろう。ひもじかろう。こればかりを思う。

naraha4_18_nekomike_2013_0418_104228-DSC07046.jpg
naraha4_18_nekokuro_2013_0418_144813-DSC07051.jpg
naraha4_18_hun_2013_0418_132938-DSC07047.jpg


この写真の猫のほかに、あるお宅の納屋で、ベージュ色のペルシャ風の長毛の猫にも合いました。
合ったといっても、空っぽだった餌箱にフードを入れて、もう二袋ほど入れておこうと車にフードを取りに行き、戻ったらもう餌箱に顔をつっこんでいて、私が戻ってきたのでびっくりして逃げてしまったのでした。ですから一瞬垣間見た、というところでしょうか。
逃げていく後ろ姿は長い毛がもつれだまになり、むき出しになった胴体は痩せているのが見てとれました。

だるたにあんさんのお話では、ここのお宅には二匹の猫が飼われていて、飼い主さんはその猫の情報を求めていらっしゃるようですが、飼える状況ではないらしいのです。


↓は今日の車です。
箱入れフードと袋入れフードを車に積んでいるのは、空き袋をここにぎゅうぎゅう詰めこんで持ち帰るためです。
naraha4_18_nimotu_2013_0418_095240-DSC07044.jpg

未来が拓ける素晴らしい視点=東広島のFM局で、犬猫の殺処分0を目標にした番組(ワンハートニャンハート)を企画・放送されている古賀木綿子さん

≪未来が拓ける素晴らしい視点=東広島のFM局で、犬猫の殺処分0を目標にした番組(ワンハートニャンハート)を企画・放送されている古賀木綿子さんのメッセージ★拡散をお願いします!≫


★(古賀木綿子さん)
はじめまして。東広島のFM局で、主に、犬猫の殺処分ゼロを目標に、ゆるやかな番組(ワンハートニャンハート)を企画、放送しているものです。 楢葉の子達の少しでもお役に立てればと思い、フードを少し送りました。 現場での活動は、大変な事と思います。。 感謝申し上げます。 


◆(眞理子)
古河さま、フードをお送り下さったとのこと感謝申し上げます。
代表のマオが必ず現地に送り届けます。また給餌のご報告をすると思いますので、その記事もご覧ください。 理事まり子記


◆(マオ)
古賀木綿子様 殺処分0を目標にした番組を企画、放送されていらっしゃるのですか。素晴らしいです!! 本当に感激です。お聴き出来たらどんなにいいでしょう。遠くて残念です。フードをお送り下さり感謝でいっぱいです。木曜日に楢葉に参りますので、待っている子らに届けます。


★(古賀木綿子さん)
まり子こさま、マオさま ありがとうございます。(略) 取り残されている子達がどんな思いをしているのか、、それを心配される、飼い主さんの胸中も、想像を絶しますね。。
 
震災の年の6月から、広島から元気を発信!という気持ちでチャリティーコンサート(本職はピアニストなんです)を7回にわたり、開催してきました。
その中での様々な出会いを受け、かねてからとても気になっていた、犬猫たちの現状と、私たちの出来る事・・の一つの形として、こんなラジオ番組あってもいいんじゃない? という気持ちで、昨年12月から毎週の放送にたどり着けた次第です。

ただ犬猫だけが幸せになる事ではなく、人と人、人と自然、人と動物、、色んなかかわりがワンハート(ココロ一つ)になっていけたら、なにか、今とは違う未来がやってくる!! そう願っての放送開始でした。

毎週、東広島近郊の愛護センターさんに収容されている子達のことを、迷子、譲渡、里親募集、などの視点から、個体の特徴も交えてアナウンスしています。他にも、野良犬野良猫を作らないために、何が出来る?みたいなことも、提案しています。 

殺処分という現実があることも、時には真剣に語っています。おかげさまで最近は「ラジオを聴いて、犬をもらいにきました!」などと言って、センターに来てくださる方も現れ、 細々ではありますが、メディアの力を感じている次第です。 

私の夢は、日本中の放送局で、同じような番組が立ち上がること。センターに皆さんを待ってる子がいますよ~~っと、色々な街で、色々な形で、当たり前に(天気予報のように)、アナウンスされていく事なんです♥ 

こういう番組があるということ、色々な方に語ってくださいませんか? 番組名とかそんなことは関係なく、なにか一石投じていける、その足がかりになりたい!って思っているんです^^♪

(略)

◆(マオ)
古河木綿子さま とても大切なコメントをいただきまして感動しています。そして感謝も。
メディアの力はとてもとても影響力があり、そういう意味で悪く出ることもありますから、
そういう時は失望して不信感をもったりしてしまいますが、古賀さんのこのメールを
拝見して、こうして、良心と公正さをしっかりとした土台にして番組を作られて いること、なんと顕していいかわからないくらい素晴らしいと思いました。

そしてすぐに失望したり、不信感をもったりすることは、古賀さんたちメディアの良心、情熱の 芽を摘みかねない狭い了見であることにも気付かされました。

この古賀さんのメッセージをブログに紹介させていただきたいです。
本当に心から応援しています。今後とも私たち、ほかの皆さんの活動にどうぞ 目をとめていてください。大変な勇気になります。

+++++++++++++++++++++++++

◎道が拓けていく希望はこうやって見えてくるんですね。とても嬉しいです。古賀さんのこの素晴らしい番組、どうぶつたちと私たち人間の幸せのために、多くの方の耳に届いてほしいです。拡散をお願いします!よろしくお願い致します。

今週参ります楢葉へのフードのご支援と全般的なご支援のお願いです


今週、木曜日に楢葉に給餌に参ります。
フードを80袋~100袋持って行きたく思います。
どうかご支援をよろしくお願い致します。

送り先は、↓の【キャットフードをお送り下さいます場合は】に記入しております。

++++++++++++++++++++++++


≪ご寄付、キャットフードのご支援をよろしくお願い致します≫

【給餌にかかりますフード/交通費/事務局維持等へのご寄付は】
ゆうちょ銀行
記号 10680
番号 2048071
名前 シャ)ナゼボクラハオイテイカレタノ

他金融機関から振り込まれます場合
【店名】〇六八(読み ゼロロクハチ)
【店番】068
【預金種目】普通預金
【口座番号】0204807


【キャットフードをお送り下さいます場合は】
◎2k~3k入りの袋が使いやすいです◎

〒300-3541 茨城県結城郡八千代町新地678-14
社)なぜぼくらはおいていかれたの 行き

ほしい物リストのページからご注文いただきますと、上記住所に届きます。
https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2T9436ZULCDH/ref=cm_wl_edit_cancel



【絵本等の出版、紙芝居、舞台等での表現活動/日常的に捨て置いていかれる猫、犬の現状や行政に関する調査等、社会に訴えていく活動費用のご寄付は】

ゆうちょ銀行
記号 10690
番号 6851841
名前 シャ)ナゼボクラハオイテイカレタノ


これらは大変活動費がかかり、皆様のご協力がなくては成り立ちません。心苦しいお願いでございますが、どうかお力をお貸しください。お願い致します。


現在、絵本「けいかいくいき ぶたまるさんがいく」発売中です。文:マオアキラ  絵:さかもとかずひろ 発行:創風社出版 1200円  お申し込みは kaze-live@hotmail.co.jp


  代表理事 マオアキラ(佐々木和恵) 理事 小泉眞理子 菅沼ノエル

2013年4月10日 だるたにあんの給餌報告

十日の楢葉です by だるたにあん

前もってお一人様コース(笑)を作成して回りました。
今回はほとんどフード残ってなく空っぽだったところもいつもより多い状態でした。
そしてとある公園にあったはずの給餌ボックスはなくなっていました。


気前よくフードを置くマオさんと対照的な私でさえ皆様からいただいて預かったフードほぼ使ってしまいました。

最近たぬきはよく見るけどにゃんこ見ないと思っていましたが思いがけない場所、三ヶ所で黒猫二匹、キジトラ一匹をそれぞれ見かけ戻ってきて食べられるように置いているところを見せながら直置き。

猫好きな除せん作業員の方に話かけられ飼い猫の待ち受けを見せてもらったり目の前を雉が横切ってびっくりしたり車にひかれたらしき子猫に遭遇したり…
いろいろありました。

子猫は近くの窪地に埋葬しました。カラスにまだみつかってなくてよかった、幹線道路じゃなくてよかった、それが救いでした。


+++++++ここよりマオ記+++++++++++++

だるたにあんさん、お疲れ様です!
猫たちの姿があってよかったですね。私も嬉しくなりました。

私は今週給餌を休みましたので、昨今感じている雑感を書きますね。

私、ここのところ妙に不安で過敏になりがちで、それは自分の発熱や咳が苦しいからだと思っていたのですが、そればっかりではないんですね。
給餌に行くとまっるきり生き物の気配がなかったり、また捕獲し保護し大事に育てようと決心していた海辺の子猫が姿を消したり、などなどのことが気になってならないからなんですね。そこにはいつも、「自分があの時こうすればよかったんじゃないか」とか悔やみがつきまとうんです。自分は悔やむほど関わっていないことにも。

これって、日常の中にもどうぶつたちがよりより住みにくくなっていることを実感する不安感なのだと思う。つまり人たちの心の動きが、どうぶつのことなんか、貧乏人なんか、仕事もないやつなんか、という”ツボ”にはまっていってる不安感を感じるのです。

私はやっぱり、震災後、原発事故以後の政府の政策や、政治家や官僚そのものの”質”のようなものが(エラソーでゴーマンな表現ですが)、人心をじわじわじわじわ劣化に変化させていってるように感じて、そのことが不安なのです。世界の動きそのものもそうでしょ。大きな規模で愛が冷えていってる、みたいな。

こういうことをこうして書いていると、自分は違うゾ、自分は正しいゾ、みたいなところにいてかっこつけているみたいに感じて、それがまたひどく自己嫌悪で不安だし、いったいどうやって生きりゃいいんだィ?

凡人はなかなか突き抜けられないもんです。同じ所でもんもんじわじわおろおろするだけです。ま、これが私じゃ、もんくあっか、と開き直って生きるしかないか?。(苦笑)

だけど、一緒に給餌に回ったり、絵本を作ったり、デモい行ったりする人がいるのはものすごーい感謝です。自分のような凡人にも、こうして救いが用意されているんですね。嬉しいです。

今朝も咳き込んで苦しかったけれど、行くはずだった継母が今日はいいと言ってくれたので、それも嬉しい。休む。

注目のブログ

真に注目すべきはこのブログの主の精神と生き方なのでしょう。

http://amour918.blog.fc2.com/

絵本「けいかいくいきぶたまるさんがいく」只今発売中!

これからでも間に合う。今生きて、救いをまっているどうぶつがいます。どうぞ、救うきまりをつくってください。(「あとがき」より)
 
警戒区域に民間が給餌に入れるようにしてほしいと願う 「けいかいくいき ぶたまるさんがいく」が3月11日に発売になりました。
どうぶつの問題は、どうぶつ好き人間が考えればいいと思われがちですが、そうではありません。
どうぶつ問題、特に原発の事故で、警戒区域に置き去りになっているどうぶつお問題は、教育や福祉に連なる、社会一般の問題として、みんなが関心をもつべきことです。

人間ではないというだけで、命も心もある存在を、置き去りにして餓死をさせるという政策がまかり通る国に、どんな未来があるというのでしょう。

どうぞ、好きや嫌いという感情のレベルを超えて、どうぶつの問題を考えてみて下さい。


hyoushi.jpg

 
 福島原発の事故により警戒区域には多くの動物達が取り残されました。これらの動物を放置するのでなく、何とかして生かす方策を国に整えてほしいと思っています。彼らはこの寒い冬を飢えと寂しさに打ちひしがれながら、それでも健気に生き続けているのです。

こうして取り残されてしまった動物たちを救うこと、それが、ぶたまるさんを始めとする給餌ボランティアの切なる願いです。

どうぞみなさま、絵本を買ってください。絵本の収益は、動物たちのために使われます。

 また、当会ではフード・寄付・基金のご支援をお願いしています。ご協力頂ける場合は下記をご覧頂きますようお願い致します。
ご協力のお願い

(青字はマオ追記)

ご報告あれこれ

ご報告というよりただのボヤキもありますが・・・。

★二台目の捕獲器が届きました! ありがとうございます!!
hokakuki3_2013_0410_094604-DSC07040.jpg


この捕獲器、当会の理事、ノエルさんからなんですね。しかも新品を購入して送って下さったんですね?
ノエルさんすみません! 普段から活動の実費も出ない状況のなか、こんな高価な品物を買って下さり、ちょっとおろおろ状態です。
でもありがたく会にいただきますね。

この弱小会に、素晴らしい捕獲器が二台も出来ました!(喜喜喜)
基本的には保護はできない、しない会ですが、必要な時が必ずあると思いますから、その時大切に役に立つように使っていきましょう。


★六か月の子猫の保護は?
実は昨日、早速オオサワさんから頂きました捕獲器をもって、いわきのその場所に行ったのですが、子猫は姿をあらわしませんでした。
だるたにあんさんが、三連日通って捕獲しようと努力されていたのですが、あの子猫はどうしたのかずうっといないということです。

そこの餌場のほかの成猫たちはLさんが捕獲し手術をされており、環境もきれいに整えておられます。
子猫もそのうち帰ってくるでしょうから、それを待ちましょう、とだるたにさんと話し合っています。

オオサワさん、ノエルさん、そういうわけで、すぐに捕獲器は使えなかったのですが、今後この二台の捕獲器は、猫たちが幸せになるための捕獲器にしていきますので、見守って下さいね。今回、すぐに対応して下さったこと心から感謝しています。


★私の健康状態と今後の活動
ここ数日間の間に発熱のともなう風邪をひいてしまいました。熱は一日で下がりたいしたことはなかったつもりだったのですが、どうも若い頃にやった気管支炎がおこりかけているらしいのです。
こどもの頃はどちらかというと病弱な体質で、若い頃には風邪をひくと気管支炎をおこし、後も無理をすると気管支が苦しくなる傾向があるのです。ちょっと見にはバイタリティーのあるスポーツ好き系と思われることが多いのですが、今年の一月にも身体中の痛みで倒れましたし、結構弱いんです。

気管支炎を本格的に起こすとこれは苦しいので、今後の活動をどうしていくか今思案中です。私の場合、継母の介護に週のうち一日は片道3時間近くかかる千葉行き、知人の療養見舞に月に二度は都心まで車で行くいう事情があり、また我が家の30匹のどうぶつの世話もあります。これらをなんとか全て続けていきたいのです。

そこで、給餌を週に一回から二週間に一回にしていこうと思います。
現在の私が行く給餌は、NガードさんのTさんの計画に沿って作られた、だるたにあんさんのリストをもとに行っているのですが、そこはだるたにあんさんは勿論、ほかの給餌活動の方も気にかけておられるポイントですから、私が二週に一度にしても、猫たちが飢餓に陥るということはなさそうなのです。

楢葉は住民さんの考え方が私たちの思いと距離がある面があって、スムースに給餌ができないことがあるのですが、Tさんはそういうことを全体的に把握されておられ、だるたにあんさんもTさんの活動を理解され協力されており、それにそって給餌をしていけば、もれる地域もなく、町の猫たちにごはんが届いて行くのではないか、という安心感がもてる流れになっている気がします。

私はせっかちなので、給餌に行くと、一刻も猶予ならずという勢いで、どんどこどんどこポイントをまわり、ボックスが撤去されていても、そんなことではめげず、あたりの目立たないところをさがしてごはんをおき、また住民さんの気持ちを尊重しようとされるだるたにあんさんに、「だからってこのボックス持ち帰ったら、おなかすかせて辿りついた猫はどうなるのよ! かわいそうでしょ! 私は急にごはんをなくするのは絶対はんたい!」とおっかない顔でまくしたてたりしますが、実際は心の中では、住民さんを尊重しようとされる考えを理解しています。まただるたにあんさんたちも、猫にダメージ与えないように考えておられることもわかっています。だからこのことは安心しています。
・・・・・・とはいうものの、タカ派住民のおじさんたち、怖い人がいて・・・警官も・・・。

などなど、それやこれや、絵本作りや経済問題のあれこれにもダメージ受けていたりもして、ちょっと休養が必要な時になっているようです。トホホホですが。
前もこんな時があって、給餌は月に二回にする、と断言しながらすぐにもとに戻ったのですが、今回は長期に無理のない態勢を通そうと思います。
ほんとにすみません。


ほかにもご報告はあった気がするのですが、ちょっと呼吸が苦しくなってきたりしましたから休みますね。明日は千葉行きですので大事をとります。

早速捕獲器が届きました! ありがとうございます!!!

オオサワK子さまから早速捕獲器をご支援いただきました。
オオサワさま、いつも必要な時に必要なものをこうしてご支援して下さり、なんとお礼を申し上げていいか。本当にありがとうございました!!
しかも、洗濯網、焼きかつをまで入って、こちらで準備するものは何もなくてもいいようにして下さっています。オオサワさんもとてもお忙しい方ですのに。本当に感謝に堪えません。

ある場所の六か月ぐらいと思える猫のために使わせていただきます。
本当にありがとうございます。

ただこの子猫、ここのところ姿が見えないようですので心配しているのですが・・・。


でもこの場所、地元の団体さんやボランティアの方が、震災後から飼い主を失ったらしい猫たちのためにごはんをはこび、寝場所を整えておられ、こうした環境を承知の上でのことらしいとわかり、またごく最近も新たなねぐらがおかれているなど、とにかく多くの方の責任をもたれた見守りがあるということが認識できましたので、私は白血病らしい六か月の猫だけを家に連れていく努力をすることにしました。

よかったです。しっかりした責任の所在が確認されれば、私はもとよりよけいなことはするつもりはないのです。よけいなことをする力もありませんし。ただそういう成り行きになった時必死になんとかしてやらなくては、としゃかりきになるだけで。(笑)

ほんとにほっとしました。

hokakuki_2_2013_0408_114445-DSC07038.jpg
hokakuki_1_2013_0408_114522-DSC07039.jpg


04/07のツイートまとめ

emoemok

ブログ更新しました。取手駅頭での署名活動http://t.co/F9i5hAEhH5
04-07 12:27

当会の公式Websiteもご覧ください

当会では公式ウェブサイトを作っています。当ブログには日々の活動報告などを中心に記していますが、公式ウェブサイトには会の定款その他基本的なことなどが書いてあります。両方補完する関係で運用していますので、右側のリンクから会のウェブサイトもご覧いただければ当会のことをより正確にご理解いただけると存じます。(まり子記)

求む! 中古の踏み板式捕獲器

あるあまりいい環境と思えない場所にいる、皮膚病で白血病キャリアらしい生後六カ月ぐらいの猫を保護したく思います。
捕獲機をさがしてホームセンターを回りましたが置いていない店ばかりで、またネット等でをさがしているのですが、希望している踏み板式の物は高額で、購入する力がありません。

壊れてさえいなければ、中古の物でもかまいません。
安価で譲って下さる方はいらっしゃらないでしょうか。
但し、踏み板式に限ります。フック式ですと低価格の物があるのですが、フック式は猫が怪我をしそうで怖いです。

どうかよろしくお願いします。

2013年4月4日の楢葉 給餌日記=久ノ浜

4月4日の給餌記です。
春の花に染まった楢葉。花の美しさに気持ちがとらわれますが、何かが底に溜まっている感じが抜けません。
『震災・・・いや原発事故から、日本人はかわったなぁ』とことあるごとに思います。
例えば美しい自然のさまにも芯から酔うことはない。美しい、と思うその気持ちに常に悲しみのようなものが影のようについている。

ではでは、給餌報告、だるたにあんから。
4日の給餌報告です
前日と真逆の快晴、温かい日でした。金物屋さん向かいの空き地の給餌器、雨対策が必要で画板を持参したらマオさんが一生懸命給餌中でした。
画板はサイズぴったりでなかなかいいかも、と自賛。マオさんの持っていた重石を乗せてしばらく様子見です。

内装屋さんのところからスタート、先週給餌してます、という手紙を郵便受けに入れたお宅、覗いたらまだ郵便受けに入っていて帰宅されてないようです。なるべく迷惑にならない場所にフード直置き。ぐるりと回ってもう一ヶ所。国道に戻って北上、旧検問所近く、なんだかずいぶん片付いていました。来たからには給餌。たくさんのつぐみ(野鳥、渡り鳥なのでもうそろそろ北へ帰るのかな、あんなにたくさんのつぐみはそうは見ないです)

集会所は相変わらず除せん作業員の人たちがたくさん、他に裏側の道筋に二ヶ所給餌して今度は南下。

行く度に給餌器が横転している箇所、TさんがPPバンドで固定したのにひきちぎられている箇所、といろいろでした。
川沿いの津波被害のお宅ではこぼれたフードを一心不乱に食べている全身疥癬の子だぬき、近づいても気付かないくらいでした。しばらく見ていたらようやく気付いて一応逃げたけど足を痛めていたようでなんだかかわいそうでした。

給餌器が無くなれば手頃な場所、または直置きになってしまいます。抵抗あるけど仕方ありません。

暖かかったのににゃんこの姿見ずに終わり、帰りにマオさん連れて久ノ浜へ。

前日四匹中三匹をLさんが雨の中保護して下さり残りの一匹を出来たら捕獲のため。兄弟がいなくなり寂しげに残りの一匹いました。
この子たちは去年の夏から秋に産まれた子たち。
複数の餌やりさんがいて極端に餓えることはなかったけど暮れあたりからの風邪治らず、その話をたまたまLさんにしたら速攻動いてくれ、更にマオさんが残りの子を引き取るという展開になりました。
この子たちが引き取られるなんて思いもよらず市内のボランティア団体に相談してせめて避妊去勢をとぼんやり考えていた私はホントにぼんやりでした。
こういう活動をしているかた達の行動力は素晴らしいです。
マオさん、Lさん、そして保護に手を差し伸べて下さったYさん、預かって下さっているJさん、本当にありがとうございます。



ここからマオの給餌報告。
フードはいつもですと給餌に出る前日撮影しておくのですが、今回は前日が雨天だったため、家で写真を撮っておくことができないで、箱のまま車に積み込んで給餌ポイントで写真に撮りながらくばりました。
でもしょっちゅう回ってこられるパトロールの呼びとめの恰好の行為になるので(写真を撮ってると、「どうしましたぁ」とこちらに近寄る口実を作ることになるのです)、もうあたふたあたふた冷や汗かきながらとなりますので、いつも以上にひどい写真になっています。すみませn!

下の箱二つは、一週間ぶりに行くと、こうしてまだ満杯に近く残っている場合と、空っぽにあっている場合があります。なぜか?と深く考えていると貴重な時間がとられるので、「あ、たくさん食べてる! 猫たち、たくさん食べに来てるんだぁ♪」と喜ぶか、「あ、へってない! どうしたんだろ?」と思うか、のどちらかで次に進みます。ただ次も残っていたら、あたりを歩き糞をさがしたり、どうぶつのいた様子はないかと調べたりします。でもたいてい真相は私ごときではわかりませんん。
na_kyuji15_2013_0404_093925-DSC07016.jpg
na_kyuji14_2013_0404_095853-DSC07017.jpg


汚れた空き箱の下にはフードがじか置きしています。そしてそこらの物で覆っておきます。ここには給餌箱があったのですが、撤去されていますからじか置きにし、何かで覆うのです。いちいちセコイことしてますが、本当にセコイのは誰? なんてこと心中ブツクサです。
na_kyuji12_2013_0404_101321-DSC07020.jpg
na_kyuji17_2013_0404_090436-DSC07014.jpg


下は海辺のお宅です。車の下などに置かせていただいています。≪ありがとうございます!≫
na_kyuji16_2013_0404_090756-DSC07015.jpg

フードボックスの周りにつるが覆っているでしょう? これはカラスさんよけにつるで囲うのです。カラスさんも食べたいでしょうが、強欲過ぎるから、こうして防戦です。猫たちのために残してくれればこんなセコイことしないんですけどね。
na_kyuji13_2013_0404_100945-DSC07019.jpg
na_kyuji11_2013_0404_101617-DSC07021.jpg


a3_2013_0219_124914-DSC06781.jpg
na_kyuji10_2013_0404_110421-DSC07024.jpg
na_kyuji9_2013_0404_110534-DSC07025.jpg
na_kyuji8_2013_0404_113620-DSC07026.jpg
na_kyuji7_2013_0404_113829-DSC07027.jpg


さて下は久の浜の猫たち
記事の冒頭にだるたにあんさんが久の浜の猫のことを書いておられますから、私は写真をあげるだけにしますね。
na_kyuji6_2013_0404_143248-DSC07028.jpg
na_kyuji4_2013_0404_143400-DSC07030.jpg
na_kyuji3_2013_0404_143415-DSC07031.jpg
na_kyuji2_2013_0404_143434-DSC07033.jpg


下は私ことマオです。私は71歳という自分の明日死んでもおかしくない年が気になって、あらたに若い猫も犬も受け入れるのはかえって無責任になる、と思っていますので、ぜったいに保護はできない、引き取れない、とかねがね宣言しているのですが、この状況下の健康とはいいがたい猫をスルーはできず、連れて帰ろうと捕獲を試みたのですが、失敗し、この写真の心中は、捕獲失敗した自分に、『バカタレ、アホ、ヘタレ、お前なんか死んでしまえ!』と罵りまくっている。だから妙に不安そうでしょ。
na_kyuji5_2013_0404_143329-DSC07029.jpg

カメラのレンズい髪がついて見苦しいですね。すみません。
ここに私はこの日、はじめて来ました。
ただただ息をのみました。
町が消えていた。

帰り、一枚だけ写真を撮らせていただきました。
やっぱりあの日から日本はかわった。
本当に立ち直れる日がくるのでしょうか。
猫いっぴきにごはんをやるのを許さない人がいっぱいになっているこの日本で。
私は立ち直れないまま死ぬんだろうな、と思い、しばし茫然とここに立ちすくんでいました。
na_kyuji1_2013_0404_152018-DSC07036.jpg

基金募集終了のお礼

 皆さまにご支援をお願いしておりました基金の募集ですが、本日多額のお申し出があり、目標額を達成致しました。従いまして、只今をもちまして基金の募集を終了させて頂きます。多くの皆さまから温かいご支援をいただきましたこと深く感謝いたしております。本当に有難うございました。皆さまのご好意に添えますよう大切に使わせて頂きます。(まり子記)
プロフィール

なぜぼくらはおいていかれたの

Author:なぜぼくらはおいていかれたの
管理人の小泉眞理子です。
茨城県取手市に犬2匹と猫1匹と人間4人で暮らしています。
当法人を紹介します。
事務局 〒300-3541 茨城県結城郡八千代町新地678-14 
電話・FAX 0296-48-3430 
      090-6937-9722  
代表理事 マオアキラ
     (佐々木和恵)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。