スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「社)なぜぼくらはおいていかれたの」ブログの変更

当ブログの管理人、小泉眞理子さんのご都合により、「社)なぜぼくらはおいていかれたの」のブログは、下記のURLに移動しました。

こちらは、「福島のどうぶつたち がんばってて ごはんをはこぶよ」からのもので、マオの個人つぶやきなども入っておりますが、会の活動など記載しております。

http://ameblo.jp/kaze-amb/
スポンサーサイト

はたちよしこさんが、「ぶたまるさんがいく」をブログに紹介して下さいました。

詩人の心はこんなに透き通っている。

”はたちよしこ”さんの詩にふれるたびにそう思います。

透き通っているからといって儚いのではありません。
この詩人の心は、対象の核をまっすぐにとらえて、どこまでもやさしいのです。
その確かなやさしさは、読む者に不思議な安心感を抱かせます。
目の前の人が、自分に心を開いてくれている時に感じる安心感です。

このはたちよしこさんが、ご自身のブログに、「けいかいくいき ぶたまるさんがいく」を紹介して下さっています。
本当に嬉しいです。

ありがとうございます。

http://sharin.seesaa.net/

+++++++++++++++++

「はたちよしこさんが、ブログで、けいかいくいき ぶたまるさんがいくを紹介されていますよ。嬉しくなっちゃった」とマオに教えて下さったのは作家の小川英子さんです。
私は小川英子さんにも嬉しくなっちゃいました。

未来が拓ける素晴らしい視点=東広島のFM局で、犬猫の殺処分0を目標にした番組(ワンハートニャンハート)を企画・放送されている古賀木綿子さん

≪未来が拓ける素晴らしい視点=東広島のFM局で、犬猫の殺処分0を目標にした番組(ワンハートニャンハート)を企画・放送されている古賀木綿子さんのメッセージ★拡散をお願いします!≫


★(古賀木綿子さん)
はじめまして。東広島のFM局で、主に、犬猫の殺処分ゼロを目標に、ゆるやかな番組(ワンハートニャンハート)を企画、放送しているものです。 楢葉の子達の少しでもお役に立てればと思い、フードを少し送りました。 現場での活動は、大変な事と思います。。 感謝申し上げます。 


◆(眞理子)
古河さま、フードをお送り下さったとのこと感謝申し上げます。
代表のマオが必ず現地に送り届けます。また給餌のご報告をすると思いますので、その記事もご覧ください。 理事まり子記


◆(マオ)
古賀木綿子様 殺処分0を目標にした番組を企画、放送されていらっしゃるのですか。素晴らしいです!! 本当に感激です。お聴き出来たらどんなにいいでしょう。遠くて残念です。フードをお送り下さり感謝でいっぱいです。木曜日に楢葉に参りますので、待っている子らに届けます。


★(古賀木綿子さん)
まり子こさま、マオさま ありがとうございます。(略) 取り残されている子達がどんな思いをしているのか、、それを心配される、飼い主さんの胸中も、想像を絶しますね。。
 
震災の年の6月から、広島から元気を発信!という気持ちでチャリティーコンサート(本職はピアニストなんです)を7回にわたり、開催してきました。
その中での様々な出会いを受け、かねてからとても気になっていた、犬猫たちの現状と、私たちの出来る事・・の一つの形として、こんなラジオ番組あってもいいんじゃない? という気持ちで、昨年12月から毎週の放送にたどり着けた次第です。

ただ犬猫だけが幸せになる事ではなく、人と人、人と自然、人と動物、、色んなかかわりがワンハート(ココロ一つ)になっていけたら、なにか、今とは違う未来がやってくる!! そう願っての放送開始でした。

毎週、東広島近郊の愛護センターさんに収容されている子達のことを、迷子、譲渡、里親募集、などの視点から、個体の特徴も交えてアナウンスしています。他にも、野良犬野良猫を作らないために、何が出来る?みたいなことも、提案しています。 

殺処分という現実があることも、時には真剣に語っています。おかげさまで最近は「ラジオを聴いて、犬をもらいにきました!」などと言って、センターに来てくださる方も現れ、 細々ではありますが、メディアの力を感じている次第です。 

私の夢は、日本中の放送局で、同じような番組が立ち上がること。センターに皆さんを待ってる子がいますよ~~っと、色々な街で、色々な形で、当たり前に(天気予報のように)、アナウンスされていく事なんです♥ 

こういう番組があるということ、色々な方に語ってくださいませんか? 番組名とかそんなことは関係なく、なにか一石投じていける、その足がかりになりたい!って思っているんです^^♪

(略)

◆(マオ)
古河木綿子さま とても大切なコメントをいただきまして感動しています。そして感謝も。
メディアの力はとてもとても影響力があり、そういう意味で悪く出ることもありますから、
そういう時は失望して不信感をもったりしてしまいますが、古賀さんのこのメールを
拝見して、こうして、良心と公正さをしっかりとした土台にして番組を作られて いること、なんと顕していいかわからないくらい素晴らしいと思いました。

そしてすぐに失望したり、不信感をもったりすることは、古賀さんたちメディアの良心、情熱の 芽を摘みかねない狭い了見であることにも気付かされました。

この古賀さんのメッセージをブログに紹介させていただきたいです。
本当に心から応援しています。今後とも私たち、ほかの皆さんの活動にどうぞ 目をとめていてください。大変な勇気になります。

+++++++++++++++++++++++++

◎道が拓けていく希望はこうやって見えてくるんですね。とても嬉しいです。古賀さんのこの素晴らしい番組、どうぶつたちと私たち人間の幸せのために、多くの方の耳に届いてほしいです。拡散をお願いします!よろしくお願い致します。

注目のブログ

真に注目すべきはこのブログの主の精神と生き方なのでしょう。

http://amour918.blog.fc2.com/

ご報告あれこれ

ご報告というよりただのボヤキもありますが・・・。

★二台目の捕獲器が届きました! ありがとうございます!!
hokakuki3_2013_0410_094604-DSC07040.jpg


この捕獲器、当会の理事、ノエルさんからなんですね。しかも新品を購入して送って下さったんですね?
ノエルさんすみません! 普段から活動の実費も出ない状況のなか、こんな高価な品物を買って下さり、ちょっとおろおろ状態です。
でもありがたく会にいただきますね。

この弱小会に、素晴らしい捕獲器が二台も出来ました!(喜喜喜)
基本的には保護はできない、しない会ですが、必要な時が必ずあると思いますから、その時大切に役に立つように使っていきましょう。


★六か月の子猫の保護は?
実は昨日、早速オオサワさんから頂きました捕獲器をもって、いわきのその場所に行ったのですが、子猫は姿をあらわしませんでした。
だるたにあんさんが、三連日通って捕獲しようと努力されていたのですが、あの子猫はどうしたのかずうっといないということです。

そこの餌場のほかの成猫たちはLさんが捕獲し手術をされており、環境もきれいに整えておられます。
子猫もそのうち帰ってくるでしょうから、それを待ちましょう、とだるたにさんと話し合っています。

オオサワさん、ノエルさん、そういうわけで、すぐに捕獲器は使えなかったのですが、今後この二台の捕獲器は、猫たちが幸せになるための捕獲器にしていきますので、見守って下さいね。今回、すぐに対応して下さったこと心から感謝しています。


★私の健康状態と今後の活動
ここ数日間の間に発熱のともなう風邪をひいてしまいました。熱は一日で下がりたいしたことはなかったつもりだったのですが、どうも若い頃にやった気管支炎がおこりかけているらしいのです。
こどもの頃はどちらかというと病弱な体質で、若い頃には風邪をひくと気管支炎をおこし、後も無理をすると気管支が苦しくなる傾向があるのです。ちょっと見にはバイタリティーのあるスポーツ好き系と思われることが多いのですが、今年の一月にも身体中の痛みで倒れましたし、結構弱いんです。

気管支炎を本格的に起こすとこれは苦しいので、今後の活動をどうしていくか今思案中です。私の場合、継母の介護に週のうち一日は片道3時間近くかかる千葉行き、知人の療養見舞に月に二度は都心まで車で行くいう事情があり、また我が家の30匹のどうぶつの世話もあります。これらをなんとか全て続けていきたいのです。

そこで、給餌を週に一回から二週間に一回にしていこうと思います。
現在の私が行く給餌は、NガードさんのTさんの計画に沿って作られた、だるたにあんさんのリストをもとに行っているのですが、そこはだるたにあんさんは勿論、ほかの給餌活動の方も気にかけておられるポイントですから、私が二週に一度にしても、猫たちが飢餓に陥るということはなさそうなのです。

楢葉は住民さんの考え方が私たちの思いと距離がある面があって、スムースに給餌ができないことがあるのですが、Tさんはそういうことを全体的に把握されておられ、だるたにあんさんもTさんの活動を理解され協力されており、それにそって給餌をしていけば、もれる地域もなく、町の猫たちにごはんが届いて行くのではないか、という安心感がもてる流れになっている気がします。

私はせっかちなので、給餌に行くと、一刻も猶予ならずという勢いで、どんどこどんどこポイントをまわり、ボックスが撤去されていても、そんなことではめげず、あたりの目立たないところをさがしてごはんをおき、また住民さんの気持ちを尊重しようとされるだるたにあんさんに、「だからってこのボックス持ち帰ったら、おなかすかせて辿りついた猫はどうなるのよ! かわいそうでしょ! 私は急にごはんをなくするのは絶対はんたい!」とおっかない顔でまくしたてたりしますが、実際は心の中では、住民さんを尊重しようとされる考えを理解しています。まただるたにあんさんたちも、猫にダメージ与えないように考えておられることもわかっています。だからこのことは安心しています。
・・・・・・とはいうものの、タカ派住民のおじさんたち、怖い人がいて・・・警官も・・・。

などなど、それやこれや、絵本作りや経済問題のあれこれにもダメージ受けていたりもして、ちょっと休養が必要な時になっているようです。トホホホですが。
前もこんな時があって、給餌は月に二回にする、と断言しながらすぐにもとに戻ったのですが、今回は長期に無理のない態勢を通そうと思います。
ほんとにすみません。


ほかにもご報告はあった気がするのですが、ちょっと呼吸が苦しくなってきたりしましたから休みますね。明日は千葉行きですので大事をとります。
プロフィール

なぜぼくらはおいていかれたの

Author:なぜぼくらはおいていかれたの
管理人の小泉眞理子です。
茨城県取手市に犬2匹と猫1匹と人間4人で暮らしています。
当法人を紹介します。
事務局 〒300-3541 茨城県結城郡八千代町新地678-14 
電話・FAX 0296-48-3430 
      090-6937-9722  
代表理事 マオアキラ
     (佐々木和恵)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。